Building Traditional Greenland Kayaks

Record of building traditional Greenland Skin on Frame Kayak, "Qajaq" using material from DIY shop, making equipments、Touring etc,

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト
5分割艇製作(3)
ガンネル切断部には、木材の外側のテンションが解放されることで楔状に外側に開いた隙間できる。
0.5~1mm程度の隙間で実用上問題ないと思うが、外皮を張った時に見栄えが悪くなるので、樹脂で塞いで平滑にする。
DSC_0747_20160815163942d6f.jpg             

ここから先は、これまでに製作してきたフォールディングタイプとほぼ同じ製作工程となる。

キールは、桧と一緒に買った杉材1mをエポキシスカーフ接着し、スカーフ継手付きの1.18mのセクションとなるよう切断。
1.18mというのは、本体セクションの最大長さと同一で、大抵のLCCの航空機に積載できるサイズ。
DSC_0765.jpgDSC_0751.jpg
各セクションを固定するのは継手の組み合わせとPOM(ジュラコン)丸棒のダボである。
ティッシュ一枚分の隙間でもグラつく原因となるので、ダボなしで持ち上げても外れない程度まで、繰り返しの樹脂作業で仕上げる。
離型ワックスがなかったので、KIWIの靴用ワックスで代用したが、良く機能した。

リブも桧材から切り出すつもりだったが、4月に日本に帰国する機会があったので、地元DOITで桧加工材を購入してきた。
曲げ方法はいつもの煮曲げ。
材が貴重なので、何時にも増して慎重に作業。破断は二本に留まった。
裂けかけたものもあったが、これは樹脂で補修して使用する。
DSC_0785.jpgDSC_0781.jpg 
組み立ての都度、ガンネルにリブをはめ込むのは面倒なうえ、リブを折る原因にもなる。
実際、いとも簡単に折れてしまったことがある。
そこで今回はリブはガンネルに固定してしまう。これで組立作業時間が大幅に短縮されるし、精神的にも楽になる。

桧材を丸鋸で半割にし、前後ピースを作成。

チャインには、ガンネル上部の整形時に切除した材を使用する。
DSC_0995.jpgDSC_1015_20160815164006005.jpg
カンナでほぼ正方形の断面に仕上げ、さらに前後にテーパーをつけてから、チャイン同様に継手を加工する。
必要な長さぎりぎりだった。
DSC_1148.jpg
これにて5分割フレームの完成。
DSC_1162.jpgDSC_1166.jpg

チャインとチャインが互い違いになるように組み合わせると、収納容積を小さくできる。

DSC_1176.jpgDSC_1178_20160815165010f56.jpg 

DSC_1165.jpg 
5分割艇製作(2)
ビーム用の木材が見つからない。
シンガポール国内で入手するのは諦め、日本から輸入することにした。
幸い、厚さと巾が手ごろ無節の桧の通販を見つけることができた。
長さ2.0m×厚さ4.5cm×巾10.5cmを1本、長さ3.0m×厚さ4.5cm×巾10.5cmを1本購入。
このままの長さではEMSで送れないため、1Mにカットしてもらう。
海外発送はできないそうなので、転送サービス会社を使ってシンガポールに発送する。

全て手鋸で挽くのはしんどそうなので、当地で丸鋸を購入。
日本に手持ちの丸鋸は電圧が合わず(当地は220V)、容量も大きいため、持ってこなかった。
当地では、やはり需要がないようで、最薄で2mm、歯数も少ないブレードしか販売されていない。
1.6mm x 52PのブレードをAmazon.JPで調達し、木材と一緒に発送。
DSC_0358_20160216181344a16.jpg    

少しも無駄にできないため、木取り図をSketchup.
11150919_994823210530657_7958857879094010037_n.jpg
丸鋸でビーム用の材を切り出す。
DSC_0389_20160216181717245.jpg    
各ビームを切り出して、ガンネルに装着。水糸で均整を確認。
 DSC_0403.jpg DSC_0458.jpg

2、4、7、10番ビームを、複数のボルト/蝶ナットによる接合部とする。
通常のビームと異なり、ガンネル下端まで接する高さとし、接合面が完全に一致するようこれを二分割する。
DSC_0097.jpg   

ほぞはガンネルに対し垂直にしたいという拘りがあり、端からまっすぐに切断できない。
日本出張時に畦引き鋸を入手し、これでえっちらおっちら切り離す。
DSC_0105.jpg

鋸の厚み分が短くなるため、ダイソーで購入した樹脂板をスペーサーとした。
DSC_0108_20160216180846964.jpg 

4本のビームをエポキシとペグで完全に固定してから、ビームの接合面に沿ってガンネルを切り離す。
これはガンネルの反発による形状変化を防ぐため。
切り離し、再接合成功。
DSC_0746.jpgDSC_0747.jpgDSC_0744.jpg

copyright © 2005 Building Traditional Greenland Kayaks all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。